けんども日記: カテゴリ: memo

カテゴリ: memo のエントリを新しい順に 20 件まで表示します。 21 件以上ある場合、それらは省略されます。

2010-05-31

IPアドレスのWhois情報を非公開にできるか

複数の固定IPアドレスのインターネット接続サービスを契約すると、Whoisで契約者の名前などが公開されてしまうのだけれども、以下のJPNICのページによると、個人名に限りそれが非公開にできるらしい。

プロバイダに非公開にできないかと問い合わせてみたところ、[組織名]に記載されている個人名のみ非公開にすることが可能とのことで、非公開手続きを進めてくれた。

その結果がコレ。まさに「非公開」な状態となった。

f. [組織名]                     非公開
g. [Organization]               hidden

しかし、連絡先や担当窓口はそのままなわけで、あまり意味がないなぁ。

2010-04-24

RHEL6 Beta

RHEL6 Beta 1が出たので早速RHEL5上のKVMにインストールしてみた。 私の場合、未知のLinuxディストリビューションを試すときは、いつもデスクトップ環境をインストールしてみることにしている。普段使っているデスクトップ環境と比べたいというのもあるし、視覚で楽しみたいという理由でもある。

今回のBeta版はデフォルトでRed Hatの公開FTPサーバがリポジトリとして設定されており、RHNの登録なしでFTPサーバからパッケージを入手してインストールが可能。ただし、結構重いので、ISOイメージをマウントしてリポジトリとして使った方がよいかもしれない。

/etc/inittab の中身がやけに変わったと思ったら、UbuntuのようなUpstartになっていたりなど、しばらくFedoraを追いかけていなかったので、いろいろな環境の変化が把握し切れていない。パッケージのバージョンで判断すると、Fedora 12ベースっぽい。

正規リリースまでにサーバ構築を中心に、いろいろ試しておいた方がよさげ。 ただし、今クライアントとして使っているRHEL5はUbuntuに移行予定なのだけれども(もちろん主要なサーバは引き続きRHELを使い続ける予定)。

2010-03-30

RHEL5.5

先ほど確認したところ、RHEL5.5がリリースされていた。 最近はやりの xz というファイル圧縮ユーティリティが加わったり、postgresql84 という名前で PostgreSQL 8.4 が使えるようになったりなど、地味に新しいパッケージが増えている。RHEL5は3年以上前にリリースされたので古くさくなってきており、今回の postgresql84 のように、既存のパッケージ名とは異なる名称にしていろいろと出して欲しいところ。

私はクライアントとしても使っているので、OpenOffice.org 3.1.1 が使えるようになったのがうれしい。Firefox もメジャーアップデートしてくれるのではないかと期待していたのだけれども、今のところ Firerfox は 3.0 系のまま。

さて、大変なのはこれからのアップデート作業で、、、

2010-01-31

XREAからCORESERVER miniへ

このWebサイト(Home@けんどもネット)は昨年末までXREAのs1サーバで公開していた。s1サーバというのは初期のサーバなので、今となってはアクティブなアカウントは少なくなり、一時期は快適だったのだけれど、最近不安定でWebに接続できないことが頻発したので上位のCoreserverのminiへ移行することにした。これが快適。

SSHで接続した際、シェルがrbashで最低限のファイル操作やDB操作くらいしかできなかったXREAのs1サーバと異なり、普通にBashなので自由度がとても高い。viでその場でファイルが編集できたりと便利すぎ。後で気づいたのだけど、XREAも新しいサーバはシェルがbashらしい。

他人(他社)の運用しているサーバへSSHでログインしてシェルが使えるというのはとても興味深いもので、psコマンドの出力を見るだけでもどのようなプロセスがどのように立ち上がっているかという自分にとっては未知の世界にふれることができる。

気づいた点をいくつか(勝手な想像もあり):

念のためバックアップはこまめに行った方がよいかもしれない。

2009-11-10

Red Hat Enterprise Linux 3 - 1-Year End Of Life Notice

Errataに「Red Hat Enterprise Linux 3 - 1-Year End Of Life Notice」というのが出ている。RHEL3の7年間のライフサイクルがあと1年で終了するというお知らせ。

私のRHEL3に対する思い入れは深く、はじめて購入したRHELだった。もう5年以上も前になる。クライアントとして使う目的だったのでWrokstation版(Red Hat Enterprise Linux WS 3)だったが、当時は購入の申請書を販売店にFAXで送る必要があったりとなかなか面倒な手続きをした覚えがある。

7年間というのはこのような製品のライフサイクルとしては長いような気がするのだけれど、RHEL5のライフサイクルが今の時点であと4年4ヶ月ほどと考えると少ない。いまから新しいハードウエアを購入してRHEL5をインストールしても4年ちょっとでソフトウエアの保守が切れることになってしまう。正直、最近はRHEL5ではいろいろと古くさく感じることも増えたので、はやく新バージョンが出て欲しい。

2009-10-31

ウエブサイト更新情報

10月は写真サイトのリニューアル(Tumblrへ移行)とコンピュータ関係では周辺機器やアクセサリページの更新などを行った。このサイトでは5年ほど昔の写真をたくさん並べており、今と比べると使っている機器があまりにも安っぽい(B○f○○l○のハブとか!)ので、ほかにもいろいろ更新したいのだけれども。。

2009-08-31

FM/AMラジオチューナ

最近になって久々にFMラジオを聞くようになり、しばらくは通勤ラジオで聞いていたのだけれんども、音が悪いししょっちゅうバッテリ交換するのも面倒なので、思い切ってラジオチューナを購入。

ラックマウントにこだわりたい私としては、最初迷った。TOAから1Uのラックマウント型チューナが発売されており、これはかなり魅力的。しかし、リモコン(もしくはその他の手段)等で遠隔操作できないことや、SN比、ひずみ率といったオーディオ的なスペックが公開されておらず不安のため、オーディオのチューナにした。

チューナは一昔前の製品の方が高品質といわれており、確かにカタログスペックでも昔のチューナの方がよいものが多い。ただし、古いチューナは経年劣化により、調整しないと本来の性能を発揮できないという情報もある。実際に、私が実家で昔使っていたチューナもいろいろおかしくなってしまっていた。そのような理由で、無難な現行製品に決めた。

今回買ったのはDENONの製品でリモコン操作が可能。いつの間にか「デノン」という会社になっていたとは知らなかった。。使い勝手はよいのだけれど、やっぱりラックマウントできないのはつらい。とりあえずはマウントしていないネットワーク機器類と一緒に積んでいる状態。

2009-08-25

CentOSの追随について

家ではCentOSを使っていないのだけれども、ちょっと気になったのでRHELの新しいパッケージが出てからCentOSがどれくらいでパッケージを出すのか見てみますと。。

RHEL5のx86版で kernel-2.6.18-128.7.1.el5 が出た直後に yum update を実行すると、/var/cache/yum/rhel-i386-server-5/ 内の repomd.xml とprimary.xml.gz が日本時間8月24日20:10となっていた。これらはyumのリポジトリメタデータとなっており、これが更新されたタイミングで yum によりパッケージの入手が可能となる。過去の経験では、RHNのWebで公開されているErrata情報はyumのリポジトリメタデータより若干早めに更新されることがあり、まだyumでダウンロードできない段階でもRHNにログインして入手できることがあった。

一方のCentOS5のパッケージの日付は翌日8月25日04:23 となっており、これはあくまでもパッケージのファイルの日付であり、公開された日付というわけではないかもしれないが、私が25日9時頃に確認した際は日本のミラーサイトで入手可能な状態だった。

以上のことから、CentOSのパッケージリリースは非常に早いと思われるのだけれども、おそらくこれは特に早い例であり、2日くらいはかかることもある気がする。

RHEL5.3が出たのが1月末でCentOS5.3が出たのが3月末であったり、大きな更新があった場合は遅れるらしい(5.3の時は特に遅れたと思う)し、先日のプロジェクト管理者騒動など不安はつきないので、やっぱり大事なシステムにはRHELを使いたいところ。

2009-07-19

部屋の温度

夏、自宅でサーバやネットワーク機器を運用する中で悩んでいるのが部屋の温度なのだけれんども、やばい状態になってしまっている。

まず、今のエアコンは4年前に交換した省エネタイプで、つけっぱなしにしておいても驚くほどの電気代にはならない。しかし、部屋の大きさにあわせたエアコンでは無理があるようだ。機器からの発熱の影響で、設定温度の24度よりも上昇してしまう。

そこへ更に追い打ちをかけるように、隣人からの苦情らしきものが入るようになった。頻繁に部屋の壁をたたかれれる。私はサーバやネットワーク機器の騒音になれており、エアコンの室外機の騒音はほとんど気にならないのだが、壁をたたかれる原因というのはエアコンの室外機がうるさいが原因と思われる。確かにベランダへ出てみると、室外機の騒音がとてもうるさい。

人とのトラブルは避けたいし、おかげで寝不足気味なので、やむを得ずエアコンを静かな運転モードに切り替えることにした。これで室外機の音は静かになったが、もともと力不足のエアコンの出力を下げてしまったため、部屋が更に暑くなってしまった。

かなり厳しい。使用頻度の低い機器やテスト目的のサーバをシャットダウンしてみるも、部屋の温度は29度もあり、サーバやネットワーク機器を安心して稼働させられる環境ではなくなってしまった。猛暑日とかどうなるのか。。

部屋とラック背面の温度の推移
25度前後から29度へ。
UPSなど機器内の温度も上昇orz
27度前後から35度へ。

2009-07-21 追記。 部屋が29度はどう考えても厳しいので、静かな運転モードは解除し、風量「中」の運転に切り替えることにした。先日までは常に最大風量だったので、これでも控えめ。もちろん室外機の音の大きさを気にしつつ。。

2009-08-14 追記。 隣人はいなくなったらしいので、エアコンは全開運転にした。

2009-06-30

セキュリティポリシについて

Webで使用している機器やソフトウエアの情報を公開している場合、それらに致命的な脆弱性が出た場合のことを考えるとリスクが大きくなるかもしれない。

そのため、このblogではセキュリティポリシ上、使用している機器の型番やソフトウエア名などを公開しないことにしていたのだけれども。。そのせいで5年くらい前と比べると非常につまらない内容になってしまっているし、そもそも書くネタがなくなってしまう。というわけでその辺を少し緩和してみようかと思う。

2009-03-31

Atomで組むPC

普段使うPCはECCメモリでなければならないなどのこだわりがあるので、最近はサーバ用マザーボードを使ったりしているのだけれど、今回は例外。わけあって省スペース、省電力のPCを組む必要があり、Atomが乗っているベアボーンキットにした。

HDDは手持ちのものを使ったので、2万円強で完成してしまった。コレは安い。

某Linuxディストリビューション(セキュリティ上伏せる)をインストールしてみたところ、1つ問題があり、HDDの読み書きがあまりにも遅すぎる。これは起動オプションで all-generic-ide を指定して解決。

このケースはファンレスなのだけれど、しばらく動かしているとケースがやや熱くなっている。HDDのSMART情報から温度を見てみるとHDDは50度以上にもなっており、あわてて外部に6cmのファンを取り付けることにした。これだけで随分と温度が変わった。

もっとも気になっていたのが消費電力だった。ワットチェッカーで計った結果、3.5インチHDDを2本と、PCI ExpressのNICを取り付けて、外部の6cmファンを回した状態でアイドル時35W。過去にPentium Mで何台も組んでいると、性能の割には消費電力がやや高いという印象。

GPSユニット

移動した軌跡を地図に表示できればおもしろいに違いない!私の使っている携帯電話にもGPSの機能があるが、精度がいまいちのようなので「GPSユニットキット」というのを買った。

単3電池一本で動く。メモリースティックデュオとSCカードに対応したメモリスロットがある。ここに挿入したメモリカードにGPSのログを記録するかと思っており、一緒にSDメモリも買ってしまったのだけれど、このメモリスロットはメモリに保存した写真に対してマッチング機能を使う場合に使うものらしい。GPSログは本体に記録されるので、マッチング機能を使う時以外は必要ないようだ。

USBコネクタがあり、PC(Linux)を接続してみると、128MBのストレージとして認識され、GPSのログファイルを取り出すことができた。なにやら大量の数字がカンマ区切りで記録されている。

しかし、ここからが問題。この分野は全くわかっていないので、これをどうやって地図と連動させるのかかがわからない。付属のソフトでできるらしいのだけれど、これだけのためにWindowsの動くPCを用意しようとも思わない。。

2009-03-12

楽天ポイント

昨年3月に楽天を使ったきりでそろそろ利用しないとポイントが失効するかと思ってログインしてみたら、3月1日で4675ポイント失効しており、非常にショックを受けている今日この頃。昨年3月下旬に買い物をしてポイントが付与されているが、失効はまるまる1年ではなく、翌年の一日らしいorz

ポイントをためる習慣はやめて、潔く使った方がよさそう。

2009-02-26

MD5のSSL

昨年11月末に更新したばかりなのだが、dknで使っているSSL証明書がmd5な件orz

けちらずにもう少し高いのを選んでおくべきだったか。。たぶん一般利用できる頃には更新の時期を迎えているでしょう。。

追記。無償で再発行できることがわかり、SHA−1のSSL証明書を発行し、対応済み。

2009-02-15

Debian GNU/Linux 5.0 (lenny) リリース

etchが出たのもまだ最近のような気がするのだけれど、lennyが出た。 その昔、sargeが出た頃はうれしくてたまらなかったのだが、最近は少々気が重い。。

かつては手元にもDebianの入ったシステムが多かった。というかほとんどDebianだったのだけれど、今は2台しかない。

決してDebianが嫌いではない。ではなぜかというと、RHELのように7年とかUbuntu LTSのように5年とかいうメンテナンス期間がはっきり決まっていないので、構成を変更せずに長期間安定運用を目指すシステムには使いづらく感じてきたから。管理しているホストが2台や3台くらいならDebianでもよいのだけれども。。

2009-01-31

今年のカレンダーは、、

今年は卓上サイズのカレンダーを買おうかどうか迷っていたのだけれど、ちょうどよく VeriSign のカレンダーをゲット。

ばっちりと商品のアピールもあり。

一番最後にシールがあり、コレは「セキュアドシール」のリアル版!証明書の更新日にこのシールを貼って忘れないようにできるというもの。

でも結局、使うのはシスコのカレンダーなのだけれども。。

2008-12-31

電気ケトル

最近買って重宝しているのがコレ。電気ケトル。

湯がすぐに沸く。コーヒーを入れる準備をしているうちに湯が沸く。。とても便利。もっと安いのもあったのだけれど、象印の電気ケトルにした。選んだ基準は安全性で、ロック機能があったり、倒しても湯が漏れないし、本体が熱くならないようになっている。

今まで湯を沸かす手段といえば電子レンジだけだった。電子レンジ対応の容器HARIO MICROWAVE SERVERを使って湯を沸かしていたのだけんども。。

電子レンジではコーヒー一杯分の湯を沸かすのに3分半くらいかかってしまう。

電気ケトルを買ってコーヒー以外にうれしかったのはカップ麺が食べられるようになったことでもある。まぁ、カップ麺を食べる習慣はあまりないのだけれども。。今までコンピュータ関連ばかりに力を入れすぎており、台所用品が極端に少ない状態なので、近いうちにはガスコンロも手に入れたい。。

2008-11-30

Ottava

前のエントリでもふれたように、最近Ottavaにはまっている。Ottavaのcafe〜で始まる番組はPodcastに対応しており、RSSをRhythmboxで購読すれば自動で番組のMP3をダウンロードしてくれる。これはいい!

たぶん初雪

たぶん初雪

2008-09-30

窓にアルミホイル

1年前に比べて部屋に機械が増えた。電気代、騒音、発熱ともに増えている。そこで今年は少しでも部屋が暑くならないように、また電気代が少しでも安くなればという願いを込めて窓にアルミホイルを貼り付けた。

貼り付けたのは7月。この対策により、窓から差し込む光でカーテンが熱くなる現象が少し改善されたような気がした。

ただし、温度のピークは夕方発生していることが多かった。建物が暖まり、その熱が伝わってくるのが夕方だったのだろうか。。

Information

サイト内検索

けんども日記

直近 10 件
RSS
RSS 1.0
Home@けんどもネット
diary.php(v2): 2005-06-11
Copyright © 2003-2005 Kendomo.net.